初心者向け!超簡単オラクルカードの使い方3つのステップ!【準備編】

こんにちは、おたぬんです!

今回は初心者でも簡単にわかるオラクルカードの使い方をご紹介します。

【準備編】と【実践編】に分けてご紹介します。

まずは【準備編】です。

「オラクルカードを使ってみたいけど、使い方が難しそう…」「覚える手順が多くて、だんだんと使わなくなってしまった」

そのような方も多いのではないでしょうか?

みなさん、ご安心を!オラクルカードは誰にでも簡単に使えます。

今回の【準備編】では基本の3ステップをお伝えします。

オラクルカードの簡単な使い方【準備編】

 

ステップ1:浄化(カードをキレイに!)

カードが手元に運ばれて来るまでの間に、いろいろなエネルギーが入っています。印刷業者の方や購入先での店員さんのエネルギーもです。
このエネルギーをいったんまっさらにする必要があります。

「そんなこと、私にできるの!?」と思われる方もいると思いますが、実はそれがめちゃめちゃ簡単なんです!

実際にやってみましょう。次のようにして下さい。

【カードを手に持ち、片手でコツン!】

以上で終了です。ええ、たったこれだけです(笑)
具体的な方法としては、

具体的な浄化の仕方

利き手ではない方の手にカードの束を持ち、利き手でグー(こぶし)を作り、1回カードの表面をノックする。
私は右利き(ペンを持つ手)なので、左手でカードを持ち、右手でコツンと1回ノックしています。

ちなみに、カードの種類によっては大天使や、人物が描かれているものがあり、「なんだかコツンとノックするのに抵抗がある」という方は、ノックをするのではなく、サッとカードの上で手を振るという方法もありますよ。
カードの表面にバイバイをしていうような感じで振ります。

ステップ1の終了時点で、カードから不要なエネルギーが浄化された状態になります。

次はステップ2です。

 

ステップ2:神聖化(あなたのエネルギーを込める)

「神聖化」という響きになんだか圧倒されてしまいそうですが、簡単に言うとあなたのエネルギーをカードに込めるということを行います。

実際に次のようにして下さい。

【カードの束をサッと触る】

触るのはサッとで大丈夫ですが、エネルギーを込める気持ちは丁寧に!一枚一枚触る方法もありますが、基本的にはまとめて触るだけでOK!

【カードを扇状に広げ、絵柄を自分側に向けて胸元に持ち、祈る】

難しく考えないで大丈夫です。例えは悪いですが、トランプのババ抜きをやっている時と同じスタイルと思っていただいて構いません(笑)
ババ抜きは自分側にバッと広げて、絵柄は向かいの人には見えない状態になっていますよね?あの形を作っていただけたら間違いありません。

 

さて、問題は「祈り」ですが、これも最初は難しく考えないようにしましょう。
とても簡単で構いません。例えば…

あなた
「これから私(自分じゃない場合は相手のお名前)のリーディングを行います。神聖なメッセージをちゃんと理解できますように。メッセージを活かせますように。」

 

このくらいでも全く問題ありません。肝心なのは、祈る気持ち!祈りの長さではありません。気持ちが込められているかどうかにかかっています!

それでは準備編の最後、ステップ3です。

 

ステップ3:依頼(高次の存在にカードリーディングのサポートをお願いする)

「依頼?」「高次の存在??」という声が聞こえて来そうですが、簡単に言うと、目に見えない存在にリーディングのサポートをお願いするということです。
目に見えない存在とは「神様」や「大天使」などです。神様や大天使について全く知識がないという方もご安心ください。
ただただリーディングのサポートを「お願いする」だけです。今回は「大天使ミカエル」にお願いしてみましょう。
実際に、次のようにお願いしてみましょう。

あなた
大天使ミカエル、このリーディングを行っている間、私のそばに来て守護をお願いします。
愛と叡智(えいち)だけが私の中に入って来ますように。ありがとうございます。

 

先ほどと同様、気持ちが重要です!気持ちの面でテキトーにならなければ、間違いということはありません。
ここまで終わればあとは実際にリーディングをするだけです。

ここまでの3つのステップをテンポよく覚えましょう!

浄化!神聖化!依頼!これを(小声で)繰り返してみましょう。もちろん声に出さなくても大丈夫ですよ(笑)

3つのステップを漢字で表すと難しい気がしますが、やること自体は難しくありません。
また、今回は、簡単に出来るような方法をお伝えしましたが、ちゃんとしっかりステップを踏みたい!という方はオラクルカードのガイドブックにかなり細かく載っていますので、そちらを参考にして下さいね!

【まとめ】

まずは、カードを片手に持って、コツンとノックする。
次に、ババ抜きのスタイル(扇状に広げる)でカードを胸元に持ち、祈る。
最後に、目に見えない存在(神様や大天使)にリーディングのサポートをお願いする。

以上で【準備編】は終了です。
次は、実際にリーディングを行ってみましょう。【実践編】に続きます。

【実践編】はコチラ↓

初心者向け!超簡単オラクルカードの使い方4つのステップ!【実践編】

2017.09.28
お知らせ
ドリーン・バーチューのオラクルカードリーディング公認資格を持っている私の鑑定を無料で受けてみませんか?

合わせて読みたいオススメ記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください