【ほっと一息コラム】最近、呼吸していますか?

こんにちは、おたぬんです!

今日は、疲れを感じている時や、考え事で頭がいっぱいになっている時に、ぜひ読んでいただきたい記事を書きます。

難しいことは言いませんので、リラックスしながら読んでくださいね。

疲れた時ほど意識して欲しい呼吸

呼吸を意識したことはありますか?

一日中、やらなければいけないことをやっていたり、難しいことを考えている時ってありますよね?

頭も体もヘトヘトになってしまって、集中力も途切れそう…。

そんな時、いったん作業を止めて、自分の呼吸がどうなっているのか確認してみて下さい。

意外に呼吸をしていない!?

考え事をしている時や、ある一定の作業をずーっと行っている時、実は呼吸がとても浅くなっています。ひどいときは、呼吸が止まっていることも!

「呼吸なんて意識しなくてもちゃんとやっている」「息しないと死ぬでしょ?」

と思われるかも知れませんが、意外にちゃんとした呼吸をしていないことがあるんです。

うすーく表面の空気を吸っているだけで、お腹がほぼ動いていない状態になっています。

浅い呼吸だと酸欠状態になり、疲れやすくなったり、頭の回転が悪くなってしまいます。

実は呼吸はスピリチュアル的にもかなり重要!

ドリーン・バーチューさんの著作に『エンジェル・メッセージ』というものがあります。

これは、ドリーンさんが直接天使から受け取ったメッセージで構成されている本です。

この本のなかに「呼吸」という項目があります。天使たちからのメッセージによると…

あなたの一つひとつの呼吸は、わたしたち天使やあなたの内なる声、そしてあなたの肉体を結びつける役割を果たしています。

そのさまは、円卓を囲んでの会話にも似ています。わたしたち天使とあなたの内なる声、そしてあなたの肉体が会話することによって、なすべきことが見えてくるのです。

すべてはあなたの意図にもとづいたものであることを知っておいてください。

あなたの吐息は、あなたがもう必要としないもののかたまりです。

空気を吸い込むとき、あなたの体は新しいメッセージで満たされます。

あなたが息を吸うときには、三者会談がおこなわれます。

三者による的確で明確な関わり合いにより、行くべき方向が見えてくるのです。

呼吸の中に、目に見えない存在からのメッセージが込められているようです。

このように呼吸には、生命を維持する役割以外にも、大切な役割があることがわかります。

とりあえず、いったん深く呼吸をしてみましょう!

疲れた時、頭がいっぱいになっている時、それ以外にも、呼吸が浅くなっていると気付いた時は、難しいことは側に置いといて、いったん深く呼吸をしてみましょう。

でもちゃんとした呼吸の仕方は、意外に複雑なことがありますよね?

「鼻から何秒吸ってお腹の底に…」など、難しく考えなくても大丈夫です!

自分が気持ち良いと感じる方法で、空気をいっぱい吸って、いっぱい吐くということに集中してみましょう。

その時さらに良いのは、ポジティブなものを吸い、ネガティブなものを吐き出すイメージをすることです。

ポジティブなものとは…
・新しいアイディアや、効率よく出来る方法
・空気を吸うことにより疲れた体が回復するイメージ

 

ネガティブなものとは…
・疲れ、痛み(頭や肩など痛みを感じる場所)
・不安な気持ちや、心配事(無理かも、出来ないかも、間に合わないかもなど)

などです。言葉で思いつかないときは、自分が思うポジティブな色と、ネガティブな色の空気を吸うイメージでも良いと思います。

私の場合は、ポジティブな色は薄ピンクだったり、キラキラした光です。

逆にネガティブな色は、黒だったり、グレーのような暗い色です。

自分のイメージする色で大丈夫です。

それでは、早速、この記事を読んだ後は、深く呼吸をしてみましょう!

頭がスッキリしたり、気持ちが落ち着いてくるのが感じられたら良いですね。

劇的な変化がなくても、体と心の深い部分では変化があると思います。

ぜひこれから呼吸に意識を向ける機会を増やしてみて下さいね。

 

合わせて読みたいオススメ記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です